昭和

昭和レトロな画像(当時の広告とかマッチとか)を収集していたら楽しい気持ちに。

大正・昭和あたりのデザインは見ていて無条件にワクワクするし、

かっこつけてない感じがとっても好きです。

 

ていうか、かっこつけてても嫌味がないというか楽しさが溢れてるというか、

全開!! って感じがしていつもいつも元気をもらいます。

(↑後で読み返したら意味不明だったけど、そのままにしときます)

 

楽しんでつくっているんだな〜と伝わってきます。

憧れ。

2/5(火)

 

 

一ヶ月前のことですが。

2月が『すきあらば(略)外に出よう月間』だったので引き続き。

 

高崎駅を歩いていたら高崎市美術館の展示の看板を見つけたので行ってみました。

『モダンデザインが結ぶ暮らしの夢』というテーマで、

高崎にゆかりのある井上房一郎やブルーノ・タウト、アントニン・レーモンドなど数人をめぐる展示。

 

その中に剣持勇さんもいるのですが、久しぶりに作品を見て

「学生時代のジャパニーズモダンの授業で出てきたなあ…」と懐かしい気持ちに。

資料でしか見たことなかった籐の椅子とテーブル、実物もとても素敵でした。

座ったら包まれるような感じで気持ちよさそうだなあ。

 

あと、やっぱり剣持勇という名前は武士っぽくてカッコいいな〜と

しょうもない感想がわきました。

 

 

 

 

隣の旧井上房一郎邸も会場の1つになっていました。

相変わらずとても落ち着く空間でした。緊張感もあるけどホッとする。

素敵な家具ばかりで眼福でした。

 

 

ちなみにこちらの会場は撮影可能だったのですが、

撮りながら「そういえば、数年前にもこのくらいの時期に来たなあ」と思い出しました。

 

 

2/2(土)

 

 

今月は『すきあらば外に出よう&春みたいな陽気の時には絶対に外に出よう月間』にしたので

思い立ってシネマテークたかさきへ。

 

おばあさんになっても、彼女の中の炎がずっとゴーゴーと燃え続けているようにみえた。

 

2019 winter

 

 

 

 

去年のをベースに作り直し。

1年前にはこんな感じには作れなかったから多少成長したと思いたい。

(成長というか視野が広がったという感じかもしれない)

 

良い眺め

 

 

今年は去年よりもちゃんと更新しようと思っていたのに

全然更新しないまま2月に……!

 

写真は両毛線にこないだ乗った時のもの。遠くに赤城山。

ちょうど夕暮れになる前くらいの時で綺麗でした。

 

 

最近の電車のおともは羽生さんの『大局観』です。

 

 

2018年から2019年へ

 

 

2018年も色々な方にお世話になりました。

仕事の面では様々なデザインの機会を与えていただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

2018年を振り返ると…

「いつもの自分ならやらないことに挑戦出来た…!」と思う出来事もあった一方で

年の後半にかけては気持ち的にちょっと停滞していた時期がありました。

(どうしても気力がわかないとか、何を見てもピンと来ないとか)

 

これは具体的な目標やゴールをあまり設けてこなかったのが原因なのかな、と大晦日に気付きました。

細かな目標や目印がないと、進むにしてもただ漠然と進むしかないというか…

そんな感じで進んできてしまったなあと思います。反省。

2019年は初心に帰ってそのあたりを改善していきたいです。

 

 

 

それと余談ですが…

2018年は個人的に将棋にとてもハマった一年でした…!

将棋中継がある時はいつも見ては勇気をもらっていました。

今まで全然興味がなかった事に急にハマることがあるのだから人生は不思議です。

 

将棋のことなんて、羽生さんと最近話題になった

藤井七段&ひふみんくらいしか知識がなかったのに、

ハマりだしてからはとにかく毎日のように将棋連盟のサイトをチェックしてました。

ルールは未だによく分かっていないですが、毎日のように解説を聞いているので

戦法などの用語だけは覚えました。笑

 

一人、二人と棋士を覚えていくその過程は、

知らない世界を知っていくのと同じでものすごく面白くて。

そして、棋士の皆さんはキャラが濃くて面白い人ばかりで

今まで抱いていた固くて難しい感じとは全然違いました。

 

どんどんイメージを裏切られていくのがまた面白く、

ずるずると将棋沼にハマっていってしまいました。

今年はイベントなどで実際に棋士の方のお話を聞いてみたいなあと密かに思っています。

 

そんなこんなで本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

(写真は春日大社の鹿です)

 

ありがとうございました。

先日の土曜日は『メゾンふたご座 vol.3』に参加しました。

お立ち寄りくださった皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

出店者の皆さんが優しい方ばかりでしたので、

自分もゆったりとくつろぎながら参加させていただきました。

主催の薬膳カフェ CHOKKIの松本さん、ありがとうございました。

 

 

 

松本さんのタルトタタン、すごく美味しかったです。

 

 

:::::

 

 

12月は毎年恒例のALGOさんのXmasスークに参加させていただき、

そのあと12/14〜大阪・奈良・京都と旅行に行ってきます。

 

今まで奈良に行ったことがないのでメインは奈良旅行で、

よくばって大阪&京都にも寄ろうという魂胆です。

今年に入ってからすぐこの旅行を計画していて、

いろんなタイミングでこの時期(よりによって師走)になりました。

 

数年前に大阪・京都に三泊四日で行った時と同じく、

普段インドア人間の自分が数日間も知らない土地にいたら

気が狂ってしまうのではないかとまた思っていますが。

 

 

道中では、今年のことを振り返り、来年のことなどゆっくり考えてこようと思います。

 

あとは美味しいものをたくさん食べてきます。

お目当ては、関西将棋会館1Fのイレブンのバターライス!

奈良がメインとか言っておきながら、関西将棋会館は大阪ですが。

このために1年頑張ってきたといっても過言ではないので絶対に実現させてきます。

(自分の食い意地がおそろしい)

 

あとは京都で純喫茶巡りもしたいです。

奈良がメインとか言っておきながら(2度目)、もう気持ちは大阪・京都で何を食べるかでいっぱいです。

 

大仏もちゃんと見てきます。

 

会話

先日、motokonyaさんで行われた『メゾンふたご座』が無事終了いたしました。

 

旅する薬膳カフェCHOKKIさん(そよかぜ雑貨店さん)、

なんと横浜からお越しくださったRuccaさん、MAW-ARUさん。

そして県内から参加してくださった大石商店さん、スリジェさん、mugiさん。

皆さん気持ちの優しい方ばかりで、とても良い空気が流れていました。

ご一緒出来てとても嬉しく楽しい一日でした。

 

イベントに参加すると、「はじめまして」「お久しぶりです」といろんな話をしますが、
人の出会い…というか、会話をする事はやはり活力を与えてくれるものだなあと思わされます。

いろんな方とお話してエネルギーをもらった一日でもありました。

ありがとうございました!

 

::

 

また、先週は桑沢の友人たちとお酒を飲みました。

どっちかと言うと赤ちょうちん系の居酒屋が好きな自分が、

人生のうちでまさか日比谷のミッドタウンでお酒を飲むとは思いませんでした。

おしゃれすぎて書いてるだけでテンションあがっちゃいます。

ちゃんとした大人になった気分!

 

そして、こんなに笑ったのは久しぶりというくらい笑いました。

 

みんな住んでいる場所はバラバラで、日々いろんなことがありながらも

一生懸命に、そして自分らしく暮らしている。

そんな風に思って、友人たちのことが誇らしくなりました。

 

 

毎日こつこつと暮らしている人が、

みんな、みんな、幸せになりますように。

(なんか壮大な終わり方になってしまった)

 

キムチのおくりもの

 

去年の今頃、親戚のおばあさんから

タッパー(大きめ)いっぱいのキムチをもらいました。

食べ終わってタッパーを返したら

そのタッパーにまたキムチを入れて返してくれました。

一生終わらないかと思いました。

 

今年もひそかに楽しみにしています。

 

 

サヴィニャック

 

 

この間、レイモン・サヴィニャックの展示を観に宇都宮美術館へ行きました。

(練馬区立美術館でやっていた展示の巡回展です)

 

ポスター1枚1枚をゆっくり、じっくり見ることが出来て大満足でした。

どれをとっても、明快、ポップ。

 

大胆でおおらかなイラストに、見ていて楽しい気持ちになるポスター。

消費者に言いたいこと・伝えたいことってあれこれ盛り込みたくなるけど

企業の精神を、こんな風にビシッと端的に、

かつユーモラスに表現出来たら気持ち良いだろうなあ。

 

元気をもらいました。

そしてポストカードもたくさん買いました。(写真参照:これでも抑制しました)

 

 

 

サヴィニャックの自伝の中に、

「カチッという音がして、

 将来の道が突然開けるのを待ちながら、

 私は山ほど仕事をした。」

という文章があります。

 

昔ほぼ日でサヴィニャックの特集を組んでいて、そこでこの文章と初めて出会ったのですが、

サヴィニャックですらこんなことを思っていた時期があったのかと、驚きました。

今が上手く行っていなくても、いつか、いつかと思ってとにかくコツコツとやり続ける。

 

今も折にふれて噛みしめる、サヴィニャックの大好きな言葉です。