9.9

 

こちらではお知らせが遅くなりましたが、ウェブサイトを新しくしました。

http://www.nakazawaeiko.com

 

いつかいつかと思いつつ先延ばしにしていましたが、5月にやっとリニューアル。

今度は更新しやすいような形にしました。

これからまた形が変わっていくかもしれませんが、

思いついた時に柔軟に変化させられるのもwebの良いところだと思って

実験のような気持ちですすめていければ、と考えてます。

 

 

そして仕事のページが準備中なのですが、このままだと空っぽなままだし

「何か常に更新出来るようなコンテンツがあったら、自分もちょっと楽しいかも!」と思い

TSUBOというページを作りました。

http://www.nakazawaeiko.com/archives/category/tsubo

 

名前のまんま、自分のツボに入ったものをつらつら紹介するページです。

「そんなに続くかな…」とやり始めた時は思いましたが、

気づいたら40TSUBO達成しました。(目指せ50TSUBO!)

暇を持て余した時によろしかったらのぞいてみてください。

 

 

::

 

 

TSUBOではないですが、時々悩みのどツボにはまってしまうことがあります。

自分は今後どうしていきたいのか、仕事でどんなことを目指していくのかなどなど…。

 

そういう時、自分は本を読んだり誰かの話を聞きに行ったりして解決のヒントをもらうことが多いです。

最近は鴻上尚史さんの『幸福のレッスン』を読んでいます。

自分にとっての幸福を考えるためのヒントが載っています。

昔、進路に悩んでいた時に(23歳くらいだったかな…?)、

鴻上さんの『孤独と不安のレッスン』という本を読んでとても面白かったので

きっとこれも今の自分に響くところがあるだろうと、読み始めました。

 

読み始めたら、面白い面白い! メモとりまくりです。


他人の評価を一番にすると、不安定で変わり続ける『他人の評価』という

無限ループの中に取り込まれて、終わりのない迷宮をさまよい続ける…とあり、

ガツンと頭をなぐられたような気持ちでした。

 

他人・周りってどうしても気になってしまうもの。

でも、そればかり考えていたら一生そこから抜け出せない。

『終わりがない』という言葉にゾッとしました。

こういう感覚って、ある程度年を取ったら気にならなくなくなるのかと思ったけど

自分から、意識して&努力して抜けださないと一生ついてまわるのだな。。ちょっと怖い。

 

最初はKindleで読んでいましたが、

「やっぱり直に線を引きたい!!」

「ページの端を折りまくりたい!!」と思って、実際に紙の本でも買いました。

 

 

NHKの『オイコノミア』という番組を前に見ていた時に、

電子書籍と紙の本の話の中で、ピースの又吉さんが
「紙の本には、本を持って読むという行為も値段に含まれている」と言っていたのだけど
そんなことをふと思い出しました。

 

 

ちょっと話があれこれ脱線してしまったけど、そんなこんなの毎日です。
(すごい雑なまとめ方)