たべごと屋日と月と ウェブサイト/デザイン

 

 

先日公開された『たべごと屋日と月と』のウェブサイトをデザインさせていただきました。

https://hito-tsukito.com/

 

 

『たべごと屋日と月と』は、たべもの屋ではありません。
「食べる」という「こと」にまつわる「なぜだろう?」「こうしたら、どうなるんだろう?」

という素朴な疑問を、自分の手で試してみるちいさな実験の場です。

 

具体的には、土地の食材を活かしたレシピづくりを行ったり、

季節のおつまみ作りやお酒の案内のほか、酒粕を使ったワークショップの開催、

酒粕の持つ可能性を探るプロジェクトを行うなどなど…様々な活動を行っています。

 

主宰の明子さんとはこれまでにもお仕事でお世話になっていましたが、

この度、本格的に『たべごと屋日と月と』として活動をスタートさせるということで

サイト制作のお話をいただき嬉しかったです。

 

新しく活動を始めたりすることって、ものすごくエネルギーが要ると思います。

そんな簡単にポンって進めるものではなく、一度自分自身の棚卸しをするがごとく、

まずは気持ちをバーっと吐き出して深層にたどり着く。その過程は必須で。

このサイトが出来るまでに明子さんも何度も自分の考えを整理されていて、

その想いを上手くサイトに落とし込めるように、みんなで作り上げていきました。

 

象形文字のような印象的なロゴマークは鳥海修さん、

陰と陽を見事に表現したイラストは日下明さん

力強く芯のある写真を撮ってくださったカメラマンでもありつつ、

細やかに意図を汲んでコーディングをしてくださった平木絢子さん

そして様々な形で協力くださった山根酒造場さん

多くの力が集結して作られたサイトとなりました。

 

 

サイトを作り始める時に明子さんが

「モノづくりは、ひとついいものがカタチになると、

それに負けないように切磋琢磨するようになる」というようなことを仰っていましたが、

そのような形で作り上げて来られたのではないか…と今は思っています。

 

このサイトから新たに良い循環が生まれますように、願っています。