工夫

 

 

3/21(水)

講談師の神田松之丞さんの独演会『松之丞三昧』を聴きに、ながめ余興場へ。

 

松之丞さんのラジオを聴いて『講談』というものに興味を持ち、

いつか生で聴いてみたいと思っていました。

そして、先月の2/12にながめ余興場で行われた『旅成金』で

初めて松之丞さんの講談に触れて感動し、

「どうしてもまた聴きたい!」と今日の独演会のチケットを買ったのでした。

 


三席のどれも面白かったけれど、やっぱり『中村仲蔵』が良かった…。

定九郎という役(あまり良い役ではない)を与えられた中村仲蔵が、

役者生命をなんとか繋ぐべく工夫をこらして役の魅力を高めていく一方で、

もう自分には役者としての才能がないのだと真っ暗な気持ちになったり…。

 

絶望的な感情でいっぱいになり、それでもグッと顔を上げ

食いしばって芝居を続けていく中村仲蔵を表現する松之丞さんがたまらなく良い。

どん底から這い上がっていく描写は、2/12に聴いた『淀五郎』の時もあったのだけど

聴きながら完全に感情移入しているので、やっぱりウルウルきてしまうのでした。

 

 

 

この中村仲蔵という話のキーワードとなるのが『工夫』という言葉でした。

与えられた役をただ単純に演じるのではなくて、

中村仲蔵は自分なりに解釈して演出を施すという工夫をしたことで

これまで誰も演じなかったような定九郎を作り上げて

結果的に役者として認められるようになったのです。

 

最近、RHYMESTERの『K.U.F.U.』という曲を良く聴いているのですが、

これも『工夫』をテーマにした曲で。(すばらしい曲)

そんな時に中村仲蔵を聴いたものだから、「なんとタイムリーなのだ!」と興奮してしまいました。

 

『K.U.F.U.』の歌詞じゃないけれど、いつの時代も工夫というものが武器になるのかぁ…と。

まずそのもののことをちゃんと考えて、今よりも良くするためのアイデアを出して試してみること。

工夫という言葉なんて今まで気にもせず使ってきたけど、

今日から自分にとってはちょっと特別な言葉になりました。

 

 

 

::

 

 

 

写真はながめ余興場から撮った高津戸峡。

今日は出かけようと家を出た途端雪が降ってきたり、

お目当ての桐生の立ち食いそば屋が『店主体調不良のためお休み』だったり。(大丈夫かな…)

いろいろ出鼻をくじかれてしまったけれど、この景色を見たらそんなことは全部吹っ飛びました。

 

まだ肝心の松之丞さんの講談を聴いてないのに、今日は絶対良い日になると確信したのでした。

 

3.4

 

河津桜。

確実に春が近づいてます。

 

気持ちが明るくなるなあ。

 

-

 

先日行われたデザインコンペの審査員をさせていただきました。

審査というものは想像以上に難しく、

終わってからも、ああだこうだ考えてしまいましたが、

デザインする上で重要なことに改めて気付かされたり、

自分自身の仕事の仕方についても客観的に気付くことが出来て

自分にとっても非常に勉強になりました。

 

最終選考に残った方たちは、自分よりも一回り以上も下の学生さんだったのですが、

自分が20歳くらいの頃を考えたら、そもそもまだデザインを始めてなかったし、

ポスターとか本がどうやって出来ているかも知りませんでした。

そう思うと、今回参加してくださった学生さんはものすごい伸びしろがあって、

これから沢山のことを吸収する時間もある訳なので、

もっとデザインが上手くなって行くのだと思います。

 

学生さんにとっては審査を終えて色々と感じることがあったと思うけれど、

頭でっかちにならずに、どうか柔軟な気持ちを持って

またぐんぐんとチャレンジして欲しいなあと(勝手に)思っています。

 

 

オリンピックもそうだけど、若くて頑張っている人を見るとどうも感情が…

おばあちゃん目線でごめんなさい。

 

自分ももっと良いデザインが出来るよう、頑張ります。

 

BINGO

1.30

 

 

先週末『ZINPHONY』に参加させていただきました。

手にとってくださった方、買ってくださった方ありがとうございました。

 

仕事をしていると自主制作みたいなものっていつも後回しにしてしまうのですが、

今年はちょっとチャレンジしてみたいなと思い、参加をしました。

やっぱり頭がカチカチになってしまっていたりして、

もっと柔らかくていいんだな〜と思ったり。。

初参加、とても勉強になりました。

 


いろいろ振り返りつつ、立ち食いそば屋で

ネギが盛り盛りのきつねうどんを食べて帰りました。

 

 

2018.

 

 

 

 

2017年から2018年へ

 

 

 

2017年もたくさんの方にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

2017年は自分なりにお仕事の中で冒険が出来たかな、と思っています。

苦手意識のあるものをあえてやってみるとか、

これまでのテイストをちょっと変えてみるとか…

多分通らないだろうなあという案を入れ込んでみるとか……。

自分の心持ちの問題ではありますが、

ただ漫然と働くよりもずっと良い効果があったように思います。

 

苦手意識というのは、結構自分で思い込んでいることが多いもの。

「たぶん大丈夫!」「たぶんなんとかなる!」という

根拠ゼロの気持ちを持ち続けると、意外に面白く取り組めたりして。

1度出来たら、次はそれをベースに改善していくことが出来るかもしれないし、

また違う角度からの発見があるかもしれないし。

とにかく経験してみる、コツコツ数を重ねていくというのが大事なようです。

(コツコツというのは、改めて大好きな言葉です)

 

 

そんなこんなで、来年も冒険を続けながら、

「たくましく」「しなやかに」「まじわる」の3つのキーワードも加えて(欲張り)

マイペースに進んでいけたらなあと思います。

 

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

9.9

 

こちらではお知らせが遅くなりましたが、ウェブサイトを新しくしました。

http://www.nakazawaeiko.com

 

いつかいつかと思いつつ先延ばしにしていましたが、5月にやっとリニューアル。

今度は更新しやすいような形にしました。

これからまた形が変わっていくかもしれませんが、

思いついた時に柔軟に変化させられるのもwebの良いところだと思って

実験のような気持ちですすめていければ、と考えてます。

 

 

そして仕事のページが準備中なのですが、このままだと空っぽなままだし

「何か常に更新出来るようなコンテンツがあったら、自分もちょっと楽しいかも!」と思い

TSUBOというページを作りました。

http://www.nakazawaeiko.com/archives/category/tsubo

 

名前のまんま、自分のツボに入ったものをつらつら紹介するページです。

「そんなに続くかな…」とやり始めた時は思いましたが、

気づいたら40TSUBO達成しました。(目指せ50TSUBO!)

暇を持て余した時によろしかったらのぞいてみてください。

 

 

::

 

 

TSUBOではないですが、時々悩みのどツボにはまってしまうことがあります。

自分は今後どうしていきたいのか、仕事でどんなことを目指していくのかなどなど…。

 

そういう時、自分は本を読んだり誰かの話を聞きに行ったりして解決のヒントをもらうことが多いです。

最近は鴻上尚史さんの『幸福のレッスン』を読んでいます。

自分にとっての幸福を考えるためのヒントが載っています。

昔、進路に悩んでいた時に(23歳くらいだったかな…?)、

鴻上さんの『孤独と不安のレッスン』という本を読んでとても面白かったので

きっとこれも今の自分に響くところがあるだろうと、読み始めました。

 

読み始めたら、面白い面白い! メモとりまくりです。


他人の評価を一番にすると、不安定で変わり続ける『他人の評価』という

無限ループの中に取り込まれて、終わりのない迷宮をさまよい続ける…とあり、

ガツンと頭をなぐられたような気持ちでした。

 

他人・周りってどうしても気になってしまうもの。

でも、そればかり考えていたら一生そこから抜け出せない。

『終わりがない』という言葉にゾッとしました。

こういう感覚って、ある程度年を取ったら気にならなくなくなるのかと思ったけど

自分から、意識して&努力して抜けださないと一生ついてまわるのだな。。ちょっと怖い。

 

最初はKindleで読んでいましたが、

「やっぱり直に線を引きたい!!」

「ページの端を折りまくりたい!!」と思って、実際に紙の本でも買いました。

 

 

NHKの『オイコノミア』という番組を前に見ていた時に、

電子書籍と紙の本の話の中で、ピースの又吉さんが
「紙の本には、本を持って読むという行為も値段に含まれている」と言っていたのだけど
そんなことをふと思い出しました。

 

 

ちょっと話があれこれ脱線してしまったけど、そんなこんなの毎日です。
(すごい雑なまとめ方)

温泉

 

先週、もや〜っとしていたので温泉へ。

市街地にあるスーパー銭湯的なやつだけど、いちおう天然温泉ではある。

ふらっと行ける距離なのがうれしい。

 

じっくりつかってとにかく深呼吸。

 

「お湯の温度はぬるめにしています」と書いてはあるけど

家のお風呂よりは全然熱くて喉が乾くので、

タオルとかと一緒にペットボトルも持ち込んだ方がいいんだな〜とか

入りながら学習する。(定期的に来る気満々)

 

お風呂から上がったところには、牛乳瓶の自販機が。

普通の牛乳とコーヒー牛乳、フルーツ牛乳などがありました。

知らないおばちゃんが飲んでいたのが美味しそうだったので、

真似をしてコーヒー牛乳を購入。

 

温泉に入ったからって、別にモヤモヤ自体は消えるわけではないけど

「悩んでてもしょうがない」っていう結論にはいつもなるような気がしている。

 

 

請求書に貼りました。